2017.09.11

【独自調査リリース】“胸キュン&ゲンナリ”な言動をアンケート調査

恋愛マッチングサービス「Omiai」が男性を対象に女性の“胸キュン&ゲンナリ”な言動を大調査 胸キュンワード第一位は「一緒にいると落ち着くな」絶対NGなゲンナリワードはつい言ってしまうあの言葉!

~“胸キュン”するのは雰囲気美人!?男性が重視する条件が明らかに!~

Facebookを活用し男女の出会いをサポートする恋愛マッチングサービス「Omiai」(http://fb.omiai-jp.com/)は、男性約4,000人を対象に「女性の胸キュン&ゲンナリな言動」に関するアンケート調査を実施いたしました。

調査結果サマリー

・“胸キュンワード”、第一位は「一緒にいると落ち着くな」
・“ゲンナリワード”、第一位は「勝手にすれば?」
・“胸キュンな行動・シチュエーション”、第一位は「目が合うと微笑んでくれる」
・“ゲンナリな行動・シチュエーション”、第一位は「店員に偉そうな態度をとる」
・“胸キュンモテテク”、第一位は「ボディタッチ」
・“ゲンナリモテテク”、第一位は「わからなぁい、と無知アピール」
・男性が考える“「胸キュン」な女性になるためのポイント”、はダントツで「雰囲気」
 

思わずときめく“胸キュンワード”第一位は「一緒にいると落ち着くな」

●「一緒にいるとリラックスできる」ことを伝えるのが、“胸キュン”のポイント!
 “胸キュンワード”第一位は、約半数の男性が選んだ「一緒にいると落ち着くな」。以下の回答を見ると、「すごい」「かっこいい」と持ち上げてもらうより、一緒にいるとリラックスできることを伝えることが喜ばれるようです。一方で、特別感を感じられる「誰にも内緒だよ」もやはり嬉しいという結果に。

Q. 女性のどのような言葉に“胸キュン”しますか?

 その他の回答として、感謝を伝える「ありがとう」や、楽しさをストレートに伝える「久しぶりにこんなに笑った!」「一緒にいると楽しい」などもありました。「好きな人なら何を言われても胸キュン」なんていう可愛い答えも。

 

一気に冷めてしまう“ゲンナリワード”は「勝手にすれば?」

●思いやりや女性らしさのない言葉に、男性は“ゲンナリ”しているよう
 “ゲンナリワード”第一位は、約4割の男性が選んだ「勝手にすれば?」。喧嘩の時などについ言ってしまう女性も多いのではないでしょうか?次いで2割の男性が選んだのは「やべぇ!うめぇ!」などの男言葉。関係性が近くなると、ラフな言葉づかいをしがちですが、男性は意外と気にしていることが明らかになりました。

Q.女性のどのような言葉に“ゲンナリ”しますか?

 その他の回答でも、「それな!」「やばくね?」などがあり、男言葉を気にする男性は多いようです。また、「コレ良くない?(同意の強調)」という回答も。女性同士だと普通に使っている一言にゲンナリされてしまうこともあるようです。
 

 

男性がぐっとくる“胸キュン行動”は、「目が合うと微笑んでくれる」

●「控えめだけど好意は伝わる」行動に“胸キュン”な男性が多いよう
 “胸キュンな行動シチュエーション”第一位は、「目が合うと微笑んでくれる」。もう一歩踏み込んだ「ふと腕をつかまれる」「後ろからギュッと抱きついてくる」など女性からのちょっとだけ積極的な行動にときめく男性も多いようです。モテテクの王道「上目使い」はイマイチ“胸キュン”にはつながらないようでした。

Q.女性のどのような行動・シチュエーションに“胸キュン”しますか?

 

 その他の回答として、「ふと見せる素の表情」や「泣き顔」「はにかんだ顔」など、普段は見せないプライベートを感じさせる一面に惹かれるという意見もありました。
 

 

見せちゃだめ!な“ゲンナリ行動”は、「店員に偉そうな態度をとる」

●言葉づかい、態度などマナーを守れないと“ゲンナリ”されてしまいそう
 “ゲンナリな行動シチュエーション”第一位は、「店の店員に偉そうな態度をとる」。僅差の「言葉づかいが悪い」からもわかるように、最低限のマナーが守れていないのはやはり“ゲンナリ”につながるようです。嫌厭されそうなイメージのある「写真を撮りたがる」は男性もSNS用に写真を撮る人が増えてきていることもあり特に気にされないようでした。

Q.女性のどのような行動・シチュエーションに“ゲンナリ”しますか?

 その他の回答として特に多かったのが「食事のマナーが悪い」。箸の持ち方、食べる音など一緒にいると気になる人が多いようです。「自分の意見がない」「消極的」など、男性にお任せという態度がNGという声も。
 

 

「ボディタッチ」は“胸キュン”! 「わからない」「知らない」の無知アピールは”ゲンナリ”

●王道モテテクでも“胸キュン”と“ゲンナリ”にわかれる結果に
 男性が実際に“胸キュン”するモテテク第一位は、約半数の男性が選んだ「ボディタッチ」。「わかっていてもときめく!」という意見が多く、やはり王道のモテテクのようです。“胸キュン行動”のときと同様、「さりげなく好意を伝える」がポイントのよう。また、男性の自尊心を満たすことには有効かもしれませんが、「わからない」「知らない」と無知をアピールするのは”ゲンナリ”するという結果に。会話の主導権を渡したり、聞き役に徹し男性をたてることが重要かもしれません。

 Q.女性のどのようなモテテクに“胸キュン”しますか?

Q.女性のどのようなモテテクに“ゲンナリ”しますか?

 その他の“ゲンナリ”モテテクの回答として、「ぶりっこ」「語尾を伸ばした喋り方」などがありました。可愛らしさのアピールは一歩間違うと「幼稚」と受け取られ、嫌厭されてしまうようです。
 

 

男性が考える“胸キュンな女性”は見た目より雰囲気

●内面が醸し出す雰囲気が“胸キュン”のポイント
 男性が考える“胸キュンな女性に必要な要素”第一位は、「雰囲気」。第二位の「性格」と合わせて約9割の人が、見た目より内面やその人のムードを重視していることがわかりました。他のアンケート項目での「マナー」や「言葉づかい」を重視する傾向と合致する結果となりました。

Q.男性が考える“胸キュン”な女性になるために必要なことは?

 

 その他の回答としても、「仕草」「姿勢」「気品」のように、やはり女性らしい雰囲気を構成する要素が多くあげられました。また、「見た目と中身のギャップ」のように意外な一面が“胸キュン”につながるという意見もありました。

【調査概要】
・調査対象:「Omiai」を利用している男性ユーザー
・調査地域:全国
・有効回答数:男性約3,856人
・調査期間:2017年8月16日~8月18日

【Omiaiサービス概要】
「Omiai」は、Facebookを活用した男女の出会いを「安心」かつ「安全」にサポートする恋愛マッチングサービス。男女のどちらかが気になる異性に「いいね!」をクリックし、相手がそれに「ありがとう」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。少子化、晩婚化が社会問題となる中、2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、累計会員数は200万人を突破(2017年3月時点)。2014年からは、政府主催の「婚活・街コン推進サミット」に参画するなど少子化、晩婚化などの社会問題解決への貢献も社会的意義として掲げています。

 ■株式会社ネットマーケティングとは

広告主と消費者をマッチングするアフィリエイトエージェントとして事業を開始。
メディア事業として、2012年より男女にマッチングの場を提供する「Omiai」を開始。当社は、2017年3
月31日に東京証券取引所JASDAQ市場へ上場いたしました。今後も「The New Value Provider ∞ Internet」の経営ビジョンの基、新しい事業の創出に注力してまいります。

【会社概要】
会社名:  株式会社ネットマーケティング(英文表記:Net Marketing Co.Ltd.)
代表者:  代表取締役社長 宮本 邦久
設   立:  2004年7月
資本金:  3億6,634万5,600円(2017年6月30日現在)
所在地:  東京都渋谷区恵比寿一丁目20番18号
事   業:  メディア事業、広告事業 http://www.net-marketing.co.jp/