NET MARKETING CO.,LTD

IR 見通し

2021年6月期の見通し

当社が事業展開を行う国内インターネット関連市場におきましては、スマートフォンやタブレット端末をはじめとするインターネット利用端末の多様化等により、インターネット利用人口は2019年の1年間で13歳~69歳の各年齢階層において9割を超えて利用され、人口普及率は89.8%(前年比10.0%増)と大幅に拡大しております(注)。また、FacebookやTwitter、LINEに代表されるソーシャルメディアの普及率は69.0%(前年比9.0%増)と年々上昇を続けております(注)。消費者がインターネット及びスマートフォンを利用する時間の拡大とともに、インターネットやスマートフォンに関連したサービスは更なる市場拡大が期待されております。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の収束目途が未だ立たず、従来の日常が非日常化するなど先行きは不透明な状況であります。

こうした環境のもと、当社は、VISIONに掲げる「常識を超え、人々に幸せをとどけ、より豊かな社会を創り続ける。」を体現すべく、中核事業である広告事業の拡販を進めるとともに、「Omiai」の収益基盤の確立や大型プロモーションの実施を中心に、収益拡大に向けた取り組みを進めてまいります。また、当事業年度においては「Omiai」のテレビCMの実施可能時期が第4四半期以降となる見通しで、現時点では実施可否及びその詳細が確定できず、その投資効果等も予測しきれない側面があることから、レンジ形式による開示とさせていただいております。

以上の結果、2021年6月期の通期予想につきましては、売上高155億円(前年同期比7.9%増加)、営業利益5億円~8億円(前年同期比32.0%減少~8.8%増加)、経常利益5億円~8億円(前年同期比33.1%減少~7.1%増加)、当期純利益3億40百万円~5億50百万円(前年同期比33.3%減少~7.9%増加)を見込んでおります。
(注)出所:総務省「令和元年通信利用動向調査の結果」

なお、本資料に記載されている当社の業績予想は、現時点で入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により予想数値と異なる可能性があります。

業務推移

  • 売上高(左軸)
  • 営業利益(右軸)
関連リンク
投資家情報