NET MARKETING CO.,LTD

RECRUIT インタビュー

メディア事業本部 サービス推進部
企画・PRチーム チームマネージャー

A.Keito

HISTORY

  • 2020

    メディア事業本部 サービス推進部 企画・PRチーム チームマネージャー

PROFILE
2020年に「Omiai」のプランナーとして入社。学生時代からインターンとしてインターネット業界に携わり、これまで培ってきた多岐にわたる経験で、「Omiai」のブランドアイデンティティ策定から、施策の立案・ディレクション・評価・改善・市場調査など幅広く活躍。既に「Omiai」が成長するために欠かせない存在になっている。
  • ネットマーケティングとの出会いは?
    知人から人財を募集していると声を掛けられたのがきっかけです。誰か良い人いない?という相談だったのですが、話を聞くうちに自分自身が興味を持ってしまったというやつです。(笑)「Omiai」はマッチングアプリのパイオニアではあるものの、業界3~4位の厳しい立ち位置です。でも、それを業界トップにさせるという意気込みがチャレンジングな環境で、自分の力を試せると思ったので転職を決めました。
  • 入社前後でギャップはありましたか?
    ありませんでした。上場企業でありながらスピード感を持って進めていること、提案は社歴や立場ではなくロジックが重要など、どんな会社かを事細やかに説明を受けていたためです。。1つ驚いたことがあるとすれば、「Omiai」の業界順位からして組織的に停滞感があるのかと思っていたのですが、皆さんすごいポジティブで業界トップを目指していく姿勢があります。この環境の中で働けることがとてもエキサイティングでやりがいに繋がっています。
  • どのような業務に取り組んできましたか?
    まだ仕込み中のものが多いですが、1つ形になったものとしてアプリ内でビデオ通話ができる「オンラインデート」機能があります。この企画はリリースまでのスピードが求められていました。企画立案からリリースまで1か月半。この規模の機能だと本来は5か月かかってもおかしくないのですが、とにかく開発チームと話し合いを重ねて短期間でのリリースを実現しました。
  • どのようなチームをつくっていきたいですか?
    1つのサービスに長く携わったり、サービスに愛着があると判断が主観的になってしまうことがあります。大切なのは「Omiai」ユーザーの声やサービス内の行動から得られるデータです。ユーザーにより良いサービスを提供するためにも、根拠のある情報を基に意思決定ができるチームにしていきます。
  • 今チャレンジしていることは?
    2012年にリリースした「Omiai」ですが、今回改めて「Omiai」のあるべき姿を定義して、それに向けてサービスを進化させていくことにチャレンジしています。サービスの根幹となるアルゴリズムの変更なども行っています。ユーザーが安心してパートナーを探すことのできるサービスにして、「いろいろ試したけど、Omiaiだから見つけられた!」と言ってもらえるアプリにしていきたいです。
  • 当社にはどんな人が合っていますか?
    やってやるという気持ちが強い人だと思います。「Omiai」は業界3~4位ですし、リリースして8年経ってはいますが足りないピースがいくつもあります。その中でどうやって業界トップを狙っていくのか、負けている試合こそ燃えるような人はすごく向いていると思います。あとは、辛いことがあっても笑えることだと思います。この仕事はスキルも大事ですが、気持ちの方がもっと大事です。ポジティブな人が合っていると思います。

JOIN US

各ページの募集中職種からご応募ください

採用情報