スクールセレクト

登録販売者資格に将来性はある?必要な理由を徹底解説!

登録販売者

 PR 

投稿日:2023年4月7日 | 更新日:2024年01月15日

近年求人が増え、多くの場所で登録販売者の需要が増えてきました。

「登録販売者って将来性あるの?」

「そもそもの仕事内容は?」

このようなお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

登録販売者は将来性が高く、需要が増えてきているとはいえどのような仕事内容かもわからず、資格をとるかどうか悩んでいる人も多いはず。

「登録販売者は将来性がなく、つらい仕事だ」という噂を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

本記事では登録販売者の仕事内容が何か、登録販売者に将来性があるのかどうかを徹底解説していきます。

今から資格取得を目指している人も、今後将来性があるか悩み仕事を続けていくか悩んでいる人も必見です。ぜひ最後まで確認してください。

登録販売者の資格については、こちらの記事も併せてご覧ください!


編集部おすすめ

登録販売者 通信講座

たのまな

ヒューマンアカデミーの通信講座
再チャレンジができる「Welcome Back制度」も!

三幸医療カレッジ

圧倒的合格率82%の実績!
三幸医療カレッジの登録販売者受験対策講座

ユーキャン

年間受講者数約60万人※全資格の合計
豊富なノウハウと実績で学びをサポート!!

登録販売者ってそもそもなに?将来性はあるの?

「登録販売者ってよく聞くけど、どんな仕事内容?」と思われる人も多いのではないでしょうか。

将来性の高い仕事の一つ、登録販売者の詳しい仕事内容をお伝えしていこうと思います。

登録販売者としての仕事内容の他に働ける場所も詳しく調査!登録販売者に将来性があるかどうかも含めてご紹介していきます。

登録販売者の仕事内容

登録販売者、仕事内容

登録販売者とはいわば「薬のプロ」です。

薬剤師の他に、唯一医薬品を販売できる資格として近年需要の高まっている登録販売者。

働く場所によっても変動はありますが登録販売者としての業務内容は大きく3つあります。

薬の紹介

登録販売者は第二類医薬品以降の医薬品を販売することが可能です。

顧客の求める薬を的確に案内するのが一番の仕事内容。

消費者の求める薬の成分、既往歴などを確認し適当な医薬品を提供することが重要となっています。

一般用医薬品を求める人は増えているため、将来性が高いのが登録販売者の特徴の一つです。

レジ打ち

登録販売者はドラッグストア以外にもスーパーや薬局などで就職することができます。

消費者は決めた医薬品をレジで購入する必要がありますよね。その際のレジ打ちも登録販売者の仕事の一つ。

有資格者だからといって薬の販売のみの業務をする求人は少ないのが現状です。薬の紹介以外にも接客する場面があることを覚えておきましょう。

品出し

登録販売者は品出しも行う可能性があります

医薬品を正しい置き場に置くことで消費者が瞬時に病気にあった薬を選択することが可能です。

そのため、有識者である登録販売者が品出しを行う場面が多くなってきます。

品出しやレジ打ちといった一般従事者と同じ仕事をこなしつつも医薬品の説明をする能力が求められるため、やりがいのある仕事だと言われています。

登録販売者の働ける場所は?

登録販売者は将来性が高いと言われていますが実際に働くことのできる場所は次の通りです。

  • コンビニ・スーパー
  • 薬局・ドラッグストア
  • 調剤薬局
  • 製薬会社の営業
  • 病院・介護施設

ドラッグストア以外でも働くことのできる登録販売者。仕事内容も含めてチェックしていきましょう。

コンビニ・スーパー

全国に多くあるコンビニやスーパーでも登録販売者は働くことが可能です。

医薬品コーナーに「医薬品は○時〜○時までの販売」と記載されているのをみたことがある人もいるのではないでしょうか。

これは登録販売者がこの時間のみ勤務しているため、勤務をしていない時間は医薬品の販売を行うことができないという意味になります。

そのため、経営者、消費者共に登録販売者の人材は重要です。多くの時間で医薬品の販売を行う場合は登録販売者を長時間勤務させる必要があります。

コンビニやスーパーで勤務している人がスキルアップや昇格のために登録販売者の資格を取るなど、将来性抜群の資格となっています。

薬局・ドラッグストア

医薬品を専門的に販売する薬局やドラッグストアは想像しやすい勤務場所なのでなはいでしょうか。

一般医薬品を購入したいと考える人も一番に薬局に向かうため、より多くの医薬品を販売することが可能です。

ほとんどの求人でレジ打ちや品出しも行う必要があるため、注意してください。

調剤薬局

「調剤薬局」とは、医師が処方箋を患者さんに提出し、それを薬剤師が調剤する薬局のことを指します。

登録販売者自体は調剤できませんが、調剤薬局にも第二類医薬品以降の医薬品販売を行なっています。

薬剤師の負担軽減のためにも登録販売者の人材は調剤薬局でも重要な存在になるのです。

製薬会社の営業

第2類医薬品以降の医薬品のプロトして製薬会社の営業に回ることも可能です。

一般事業者ではわからない薬の成分も詳しく説明を行うことが可能なことから、高待遇の会社も多く存在します。

病院・介護施設

多くの人が医薬品を必要とする病院や介護施設でも高待遇になる登録販売者。

多くの場所で医薬品は必要になってくるため、将来性が高い理由がわかるかと思います。

登録販売者が将来性の高い仕事の理由は?

将来性

近年需要が高まり、多くの場所で求人を出している登録販売者の仕事。

では、登録販売者に将来性が高いと言われる理由は何が挙げられるのでしょうか。

特に登録販売者に将来性があると言われる理由3つはこちらです。

  • 働ける場所が増え、将来性が高まっている
  • セルフメディケーションに対する意識向上
  • 薬剤師の負担向上

以下で、それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

働ける場所が増え、将来性が高まっている

登録販売者に将来性が高いと言われる一番の理由は、「需要の高まり」です。

現在、登録販売者は働ける場所がどんどん増えています。登録販売者が働くことのできる場面として

  • 薬局
  • ドラッグストア
  • コンビニ
  • スーパーマーケット
  • ショッピングモール

が挙げられます。特に多いのが薬局やドラッグストアなど、医薬品を中心に扱う場面。

ですが、近年ではコンビニやスーパーでも医薬品を販売する場所が増えています。

働ける場所が増えることにより、求人ももちろん多くなり、登録販売者の需要は増えていくばかり。

多くの場所で必要な人材であるため、求人数が増して全国的に働きやすい環境が整っているのです。

セルフメディケーションに対する意識向上

「セルフメディケーション」という言葉をご存知でしょうか。

セルフメディケーションとは、軽度の怪我や病気は医者にかからず、自身で治療、治癒をしていくと世界保健機関(WHO)が規定した定義のことです。

その取り組みが日本でも見られるようになり、軽度な体の不調は医者にかからずに市販の医薬品で対処しようという風潮が強くなりました。

一般医薬品を使用する人が増えてきたため、市販薬を販売する登録販売者の需要は高まりを見せています。

今後も市販薬で対応できる病気は多くなる予想です。「登録販売者」という人材が必要になる場面が多いため、将来性が高い仕事だということになります。

薬剤師の負担軽減

現在、医薬品を販売できるのは薬剤師と登録販売者のみとなっています。

薬剤師は医薬品の調剤を行うのも仕事の一つ。調剤を行いつつ、医薬品の販売も同時に行うとなると負担が多くなってしまします。

登録販売者が医薬品を販売するだけでも薬剤師のサポートを行うことが可能です。

また、日本では高齢化がどんどん進んでいきます。

医療の発達に伴い、医薬品を必要とする人が増えてきたため薬剤師の需要も高まりを見せてきます。

そのフォローを行うという面で考えても、登録販売者も将来性が高く、必要になる場面が多くなってくるのです。

将来性が高い仕事の一つ、登録販売者になるためには?

登録販売者は将来性が高く、求人も多いためぜひ資格を取得しておきたい資格の一つ。

ではそんな将来性の高い登録販売者になるためにはどうすればいいのでしょうか。

登録販売者の資格取得方法や受験条件、働くために必要な項目をチェックしていきましょう。

試験合格が必要!

試験合格

登録販売者になるためには「登録販売者試験」に合格する必要があります。

この登録販売者試験は毎年全国各地で行われ、都道府県によって試験内容が異なるのが特徴。年度によって合格率が異なるのはもちろんですが、地域差もあるため注意が必要です。

登録販売者の資格取得には細かいルールがあるため、チェックしていきましょう。

  • 合格した地域でのみ登録販売者として従事可能
  • 一つの都道府県でのみ登録販売者として販売従事登録可能

特徴として登録販売者は合格した都道府県でのみ販売従事登録をすることができるというのがあります。

合格した都道府県でしか登録販売者として勤務することができません

他にも、合格を目指している人は複数の地域で登録販売者の試験を受験することも可能なのも特徴の一つ。

ですが、販売従事登録は複数の県で行うことは出来ず、一つの県のみになります。

細かいルールがある登録販売者の資格ですが将来性が高く、資格取得におすすめな仕事の一つ。ぜひ将来性の高い仕事を探している人は登録販売者を検討してみてはいかがでしょうか。

受験するための条件

登録販売者は薬剤師に次ぐ薬の専門家。

薬剤師は大学に6年通った後、難しい国家資格を受ける必要があるため、難しい印象を持たれる人もいるかもしれません。

ですが、登録販売者には受験するための資格はいっさい不要

2015年度に制度が改正され、今では受験資格なく誰しもが登録販売者の試験を受験できるようになりました。

登録販売者試験の合格率は?

誰もが受験可能となった登録販売者の試験。登録販売者試験の合格率は何%くらいなのでしょうか。

都道府県や年度によっても合格率は大きく異なりますが平均で30〜40%程度となっています。

誰もが受験できる一方でやはり薬関係の資格ということもあり合格率は低いのが現状です。

しっかりと基礎を押さえ勉強すれば合格することはできるため、対策を練っておくことをおすすめします。

一人前として働くための条件は?

登録販売者は一人前として働くために条件があるのをご存知でしょうか。

試験に合格し、求人に応募してすぐに一人前になることは出来ないのが登録販売者の資格の一つ。

一人前になるためには、以下2つの条件を満たす必要があります。

  • 1ヶ月80時間の勤務を2年以上
  • 薬剤師や登録販売者の指導のもと、一般従事者として勤務

一人前になるまでは研修中と言った立場になるため注意が必要です。

登録販売者は将来性が高い!資格取得におすすめな人の特徴5選

登録販売者は将来性が高く、今人気の資格の一つ。

この資格は、どのような人が取得すべきなのでしょうか。

ここでは、登録販売者資格取得におすすめな人の特徴を5つご説明していきます!

コンビニやスーパーで働いている人

コンビニ

1つ目は、「コンビニやスーパーで働いている人」です。

近年医薬品を売るコンビニやスーパーが増えてきましたが、登録販売者が少ないのが現状。

登録販売者がいない時間帯は医薬品を販売することができないため、コンビニやスーパーの経営者も有資格者を求めています。

そのため、現在コンビニやスーパーで勤務している人は特に登録販売者の資格を取るのがおすすめ!

将来性も高く、なくなることのない資格のため、働きつつ登録販売者の資格を取ってみてはいかがでしょうか。

介護業界で働いている人

高齢化が進んでいる日本では、老人ホームがどんどん増えてきています。

介護業界で働いている人が登録販売者の資格を取得することで得られるメリットは以下の通りです。

  • 医薬品の知識があることで昇給や昇格につながる
  • 要介護者・その家族から医薬品に関しての信頼を得られる

登録販売者は医薬品のプロフェッショナル。高齢者にとって医薬品は必需品になるため、そのプロである登録販売者が介護をしてくれるという信頼感を得ることができます。

医薬品に関しての知見もあるため、昇給や昇格に近づく場面も多い介護業界。

現在介護関係の仕事についている人は、登録販売者の資格がおすすめです。

美容業界で働いている人

登録販売者は薬だけでなく、漢方やサプリメントについても勉強を行います。

エステティシャンや美容部員の人は美容のプロですが、ダイエットや健康については登録販売者の知見が必要になることも。

サプリの効能・成分は医薬品同等になるため、登録販売者の得意分野。

現在美容業界に勤め美容関連の知識がある人は、同時に登録販売者の勉強も行うのがおすすめです。

美容と医療の両方の視点からアドバイスできる人材になってみてはいかがでしょうか。

コールセンター勤務者

2014年度に一般用医薬品のインターネット販売が可能になりました。

コールセンターで登録販売者が勤務することにより、消費者の不安を軽減することが可能に。

電話口で消費者からの相談をうけ、販売や使い方指導を行うためにもコールセンターにおける登録販売者の求人も増えてきました。

独立開業したい人

登録販売者の資格を取得している場合、独立開業をすることも可能です。

特に登録販売者の資格を持っていて比較的安易に独立できるものは「漢方薬局」です。

薬局やドラッグストアになると第一類医薬品を販売するため、登録販売者だけでは開業が難しいのが現状。

漢方であれば登録販売者だけでも独立開業可能です。

将来性も高いため、独立を目指している人は登録販売者の資格を取得し、漢方薬局開業を目指してみてはいかがでしょうか。

登録販売者の将来性

需要が高まる登録販売者ですが、原点でもある「日本チェーンドラッグストア協会」も2025年までの目標として「10兆円市場の達成・3万店舗の達成」を掲げています。

この2つの目標達成のために必要なのはもちろん登録販売者

医薬品を販売するための登録販売者がいなければドラッグストア協会の目標は達成されません。

セルフメディケーションの意欲も高まっているため、登録販売者は将来性が高く、需要な人材であるということが伺えます。

将来性は本当にある?登録販売者は増えすぎ?

疑問

「登録販売者に将来性はない」「登録販売者は増えすぎ」という噂を聞いたことがあるでしょうか。

毎年行われる登録販売者の試験ですが、合格者が増えた=試験の難易度が下がったというわけではありせん

登録販売者になるためには試験に合格する必要がありますが、この受験資格がなくなったのがポイント。多くの人が登録販売者試験に挑戦することができるようになったため、登録販売者の合格者も増加傾向にあります。

受験者の増加だけでなく、小売業者からしても多くの場所で登録販売者を求人することが増えてきたのです。登録販売者を必要とする求人倍増の背景には「2分の1ルールの廃止」という制度改正が隠されているのです。

2分の1ルールの廃止

2021年、政府は「2分の1ルールを撤退する」という方針を提出しました。

この2分の1ルールというのは医薬品を販売する小売業者の開店時間のうち、2分の1の時間は登録販売者や薬剤師を従事させなければならないという制度です。

営業時間が24時間の場合、24時間の2分の1、言わば12時間は医薬品を販売するために登録販売者や薬剤師を常駐させる必要があります。

その確保が難しい小売業者が政府に訴えをし、2021年度に廃止。そのため、多くの業種で医薬品を必要とする時間のみ登録販売者を常駐させることが可能になりました

多くの小売業者が医薬品の販売をすることができるようになったため、将来性も高く多くの場所で求人を出すようになったという背景があるのです。

将来性の実態は?

第2類、第3類医薬品は一般用医薬品の約9割を占めています。

医師にかかるべきか、重要な病気が隠されていないかどうかを判断するためにも登録販売者のアドバイスは必須。

一般用医薬品の需要が高まっていく限り、登録販売者の必要性、将来性は高まり続けていきます

登録販売者不要論の実態

近年人口の増加が囁かれている登録販売者。「登録販売者不要論」が出ているのをご存知でしょうか。

それは名前の通り「医薬品販売に登録販売者は不要」とされる意見です。

近年ではインターネット販売やフードデリバリーサービスの中から一般用医薬品を購入することが可能です。そのため、登録販売者のアドバイスを必要としないという意見も出てきています。

ですが、この意見も「2分の1ルールの廃止」により徐々に薄まってきています

ネットで購入するよりも実際に有資格者である登録販売者に意見を聞いた方が安心感があるという思いから目で見て、話を聞き購入する人が増加。「登録販売者不要」となる説は薄いでしょう。

オススメの通信講座3選

通信講座は登録販売者試験合格に向けておすすめな勉強法の1つです。

比較的安価な価格で受講することができる他、わからない点は質問することができるなど、他の勉強方法にはないメリットも多い登録販売者対策講座。

ですが、そんな通信講座にもさまざまな種類があります。数多くある中で、特におすすめできる講座を3つご紹介していきます。それぞれの会社によって特徴や料金は大きく異なります。

自分の希望する勉強法に合う通信講座を選び、登録販売者試験合格を目指してみてくださいね。

たのまな

ヒューマンアカデミーが提供している「たのまな」では、登録販売者合格講座を受講することが可能です。

特徴はその料金設定。たのまなでは他の通信講座に比べるとお得な価格で受講することができます。

比較的安価な価格で登録販売者の資格を取得したい人は「たのまな」がおすすめです。

たのまなには2つのコースの用意があります。

「登録販売者合格講座」

受講料は、37,700円(税込)です。

登録販売者対策講座では番安い価格設定なのがこのコース。

これはDVD学習とテキスト学習の2つの学習方法で試験対策を行っていく講座です。自分で学習するだけでなく、添削依頼をすることでテスト課題でわかった自分の弱点ポイントを再確認することができます。

②「登録販売者合格総合講座」

受講料は、44,800円(税込)です。

「登録販売者合格講座」に比べると5,000円ほど高額になってきますが、内容量もアップ

「登録販売者合格総合講座」は、DVD学習とテキスト学習に加えてeラーニング学習もついてきます

スマホで視聴することが可能なため、アプリを使用することで隙間時間を有効活用することができます。

より時間を有効的に使用し、短い期間で登録販売者試験合格を目指す人におすすめのコースです。他にも質問機能がついているためいつでもどこでも不明点の質問をすることが可能です。

お得な価格設定と選べる2つのコースで合格へのステップアップを図ることができるたのまな。ぜひ自分にあったコースで登録販売者対策講座を受講してみてくださいね。

三幸医療カレッジ

学校法人三幸学園グループが提供している三幸医療カレッジでは通学コースと通信コースの2つから登録販売者資格の対策講座を選択することができます。

学校法人ということもあり、通学コースもあるのが珍しいポイント。通信だけでは不安な人も安心して受講することが可能です。

三幸医療カレッジの圧倒的な強みはその「登録販売者資格の合格率」です。全国平均の登録販売者試験合格率が43%なのに対し、三幸医療カレッジを受講した人の合格率は82%と約2倍

コースが併用可能なとこから登録販売者試験合格率が高くなっています。

通学コースで7日間通学し、試験範囲を集中的に学んだ後、通信コースを選択し、自己学習を繰り返していく。

このように2つの講座を組み合わせてより登録販売者試験の合格率を高めていくこともできます。完全独立が不安で、基礎だけは教員のもとで勉強したい人には特におすすめです。

本試験前には対策模試や直前対策モニターも実施してくれる徹底ぶり。「絶対合格したい!」という熱い思いがある人は三幸医療ガレッジで登録販売者について集中的に学ぶのがおすすめです。

受講講座もさまざま用意。通学コースと通勤コースをセットで受講することで割引になる制度もあるため、登録販売者試験に挑戦したい人はぜひ検討してみてくださいね。

登録販売者受験対策講座受講料(税込)
通学コース71,280円(セット割:64,152円)
通信・DVDコース47,300円(セット割:42,570円)
通信・eラーニングコース35,200円(セット割:31,680円)
全国公開模試試験受講料(税込)
会場受験8,250円
自宅受験7,700円
直前対策モニター受講料(税込)
通学コース15,400円
通信・DVDコース14,300円
通信・eラーニングコース14,300円

ユーキャン

通信学習業界大手のユーキャンをご紹介します。

ユーキャンの特徴は、指導サポートが充実しているところです。他登録販売者対策教材の添削回数は3〜4回でしたが、ユーキャンでは充実の7回。自分の苦手分野はもちろん、得意分野の好評までしてくれるため、やる気につながっていきます。

質問回数も1日最大3問までと多いのも特徴。

添削・質問回数が多いことで完全初心者さんでも安心して登録販売者試験に取り組むことができますね。

メインテキストが4冊に分野別問題集、チャレンジ模試と、より実践的な試験対策をとることが可能です。登録販売者対策講座のコースも2種類用意。通常コース(46,000円)とデジタルテキストコース(49,000円)があります。

デジタルテキストコースは紙で送られてくるテキストや問題集をデジタルでも使用可能。アプリを使用することでスマホでも勉強を行うことが可能になり、より合格に近づくことができますね。

業界大手で添削や質問などのサービスが手厚いユーキャンの登録販売者講座。

より実践的な勉強を受け、登録販売者試験合格を目指す人におすすめの通信講座です。

ユーキャンの登録販売者講座に興味がある人は、こちらの記事もぜひご覧ください!

編集部おすすめ

登録販売者 通信講座

たのまな

ヒューマンアカデミーの通信講座
再チャレンジができる「Welcome Back制度」も!

三幸医療カレッジ

圧倒的合格率82%の実績!
三幸医療カレッジの登録販売者受験対策講座

ユーキャン

年間受講者数約60万人※全資格の合計
豊富なノウハウと実績で学びをサポート!!

まとめ・登録販売者は将来性の高い仕事の一つ!

登録販売者は将来性が高い仕事の一つ。

  • 登録販売者として働く場所の拡大
  • 高齢化が高まり、将来性の高い医薬品の需要倍増
  • セルフメディケーションの推奨

これらのことから、一般医薬品を求める人が増え、登録販売者の需要・将来性は増すばかり。

資格を取得することができれば地域内どこでも勤務することが可能なのも登録販売者の将来性が高いと言われる理由の一つ。

ぜひ資格取得をし、将来性の高い登録販売者になってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました