最もコスパの良い完全食は?定番から最新まで徹底比較

完全食 コスパ 完全食
完全食

投稿日:2022-01-07 | 更新日:2022年08月03日

「できるだけ安く、でも栄養バランスの取れた食生活を送りたい!」

「コスパを重視して完全食を選びたい!」

こういった悩みを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

毎日する食事だからこそ、栄養バランスを気遣いながらも、値段は安く抑えたいものですよね。

今回は、完全食の値段に注目して、1食あたりのコスパを比較しました。

普通の食事をした際の金額とも比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【すぐにわかる】完全食でコスパが良いのは?

  • 単品購入ならCOMP Powderが一番安い
  • 定期購入ならHuel Black EditionBASE PASTAが安い
  • 普段の食事と比べても完全食はコスパが良い

完全食とは?

そもそも完全食とはどんなものなのか、簡単に紹介します。

完全食とは、厚生労働省が定めた「日本の食事摂取基準」に基づき、人間が健康を維持するために必要な栄養素が含まれた食べ物のことです。完全栄養食とも呼ばれます。

完全食が生まれた当初は、粉を溶かして飲むドリンクタイプが主力でしたが、近年では、パンやパスタ、チョコレートなど沢山のタイプが販売されています。

多くの種類から選べるようになったことで、以前より飽きにくく続けやすくなりました。

大手企業である日清食品株式会社や森永製菓株式会社らも開発を進めるなど、まさに今注目の食です。

完全食32種類を調査!1食あたり・1日当たりで最も安いのは?

このように、手軽に栄養バランスの取れた食事をとることができる完全食ですが、やはり気になるのは値段。

そこでここからは、1食あたり、1日あたりそれぞれの基準で比較し、最も安い完全食をご紹介していきます。

比較した商品は、以下32種類です。

比較商品

BASEFOOD

ベースフード

BASE PASTA フェットチーネ、BASE PASTA アジアン、BASE BREAD プレーン、BASE BREAD チョコレート、BASE BREAD カレー、BASE BREAD メープル、BASE BREAD シナモン、BASE Cookies ココア、BASE Cookies アールグレイ、BASE Cookies ココナッツ、BASE Cookies さつまいも、BASE Cookies 抹茶

COMP

コンプ LC

COMP Powder TB v.5.1 Packs、COMP Powder TB v.5.1 BAGS、COMP Powder LC v.1.1、COMP Ice TB v.1.0、COMP Gummy TB v.3.0、COMP Drink

Huel

Huel(ヒュエル)

Huel Ready-to-drink バニラ v1.0、Huel Ready-to-drink ベリー v1.0、Huel Ready-to-drink チョコレート v1.0、Huel Powder v3.0 バニラ v3.0、Huel Powder v3.0 フレーバー無し(甘味料抜き)v3.0、Huel Powder v3.0 コーヒーv3.0、Huel Powder v3.0 ベリーv3.0、Huel Powder v3.0 チョコレートv3.0、Huel Powder v3.0 バナナv3.0、Huel Black Edition バニラ v1.0、Huel Black Edition チョコレート v1.0

もがな

  • 完全栄養食カレー

andew

  • andewタブレット(チョコレート)

 

これらを料金別で比較した結果、以下のようになりました。

完全食 料金比較

 

1食あたりの価格比較結果

  • 単品購入で最安値COMP Powder TB v.5.1のPacksとCOMP Powder LC v.1.1334円
  • 定期購入で最安値Huel Black Edition287円

1日当たりの価格比較結果

  • 単品購入で最安値COMP Powder TB v.5.1のPacksとCOMP Powder LC v.1.11002円
  • 定期購入で最安値BASE PASTA936円

いずれもCOMPが安いという結果になりました。ドリンクタイプハードルが高いように感じがちですが、COMPはフレーバーのアレンジができるためおすすめです。

COMPについて詳しく知りたい方はこちら

【COMP(コンプ)飲み方】日本発!日本人のための完全栄養食、COMPについて徹底解説

 

完全食32種類を調査!1食あたりで最もコスパがよいのは?

先ほどは完全食の値段だけに着目して比較しました。

完全食の良さは栄養バランスの良さにあるため、次はそのコスパに注目して比較していきます。

比較基準は、1食あたりの栄養素(「日本の食事摂取基準」の1/3)を満たしている項目数としました。

 

比較した結果、このようになりました。

完全食 栄養素 比較

 

このままでは見づらいので、栄養を満たしている項目数を抽出しました。

完全食 栄養素項目別

完全食 栄養素 項目別

栄養素から見た1食あたりの価格比較結果

HuelのHuel Powder v3.0 コーヒーv3.0が全34項目中、31項目満たし、最も高くなりました。

次いで、同じくHuelのHuel Powder v3.0の バニラ v3.0とフレーバー無し(甘味料抜き)v3.0が続きます。

Huelはイギリス生まれの完全食です。おしゃれなパッケージ豊富なフレーバーが特徴です。


Huelについて詳しく知りたい方はこちら

Huel(ヒュエル)ってなに?イギリス生まれの完全食をご紹介!

普通の食事と完全食、コスパが良いのはどっち?

ここまで、完全食の中で、コスパが良いものを比較してきました。

では、普段の食事と比べて、完全食はコスパが良いと言えるのでしょうか。

比較基準について

新生銀行「2021年サラリーマンのお小遣い調査」によると、

男性会社員の1日の昼食代の平均額は649円であり、中でも20代平均額は803円、30代平均額は626円とされています。

また男性会社員の食事時間の全体平均は29.5分で、どの年代もさほど変わりません。

 

平均額と比較してみると、完全食は概ね平均より安いことがわかります。

必要な栄養素をほとんど摂取できる上食事時間も大幅に短縮できる完全食は、コスパが良いと言えるのではないでしょうか。

しかし、完全食は、普通の食事と併用することを想定して作られているので、カロリー不足に陥りやすいという問題点もあります。1日に必要なカロリーを摂取できるように適度に取り入れる必要があるでしょう。

完全食だけで生活する際の問題点をもっと知りたい方はこちら

完全食だけで生活したい!そんなあなたに知ってほしいメリット・デメリット

まとめ

今回は、コスパの良さという視点で、完全食を比較しました。

栄養バランスの良さ、価格面の両面から考えると、コスパは良いという結果になりました。

初回割引が適用される完全食ブランドも多いので、この機会に生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事

完全栄養食(完全食)のおすすめ14選!定番から最新まで徹底比較 

BASEBREAD(ベースブレッド)ってなに?気になる栄養素や味をご紹介!

【徹底解説】日本発の完全栄養食「COMP(コンプ)」とは

みんなのタベテク編集部

株式会社ネットマーケティングが運用する「みんなのタベテク」では、お子様からお年寄りの方まで、様々なライフスタイルに合った日々の食事を豊かにする情報をご紹介しています。
2021年に運営開始以来、累計2万人以上のユーザーにお読みいただいております。
完全食からミールキットまで、みなさんの食生活を豊かに、幸せにするお手伝いをするため、日々コンテンツを製作中です!

みんなのタベテク編集部をフォローする
みんなのタベテク
タイトルとURLをコピーしました